ブログ

コラム

2020.01.09

突然の野球肘の痛み自分でできる対処法はコレ!

突然の肘の痛み対処法はコレ!野球肘

 

最新の治療方法のご紹介記事

野球肘は投げれば投げるほど痛みが消える。最先端の治療方法をご紹介

 

治療中の方も治療をしていない方にもお勧めの方法です。

野球肘の約85%は内側に痛みが発症します。(内側型)

前腕の手の掌側の筋肉の殆どが肘の内側(内側上顆という部分)に付着している為、前腕の筋肉が投球やトレーニングによって緊張すると筋肉が収縮した状態になり常に肘の内側(内側上顆)に負担をかけているのです。

 

治療サービス

 

そのため、野球肘で治療中の方でも中々その筋肉の緊張を取り除くことが出来ない為、投球するとすぐに肘の内側に痛みが発症するケースが後を絶ちません。

 

近隣に病院がある。練習オフの日がある。そういった選手は良いのですが、寮に入っていたり練習終了後には病院が閉まっている。

そんな状況下に置かれている選手も少なくありません。

そこで選手自身が自分で出来るセルフケア&野球肘を未然に防ぐ方法ご紹介致します。

 

野球肘専門治療

 

右投げの選手を仮定してご紹介(左投げの方は反対)

①四つん這いになる。

②右肘を曲げ腕を地面につける

 

 

③左膝を右腕の手の掌側の筋肉に当てる

 

④左膝で軽く押す(心地よい強さが良い)

 

⑤押したり離したり、場所を買えながら繰り返す。

⑥手の掌が曲がっても問題はありません。

これを10回程度全体的に繰り返します。

 

 

 

終了後アイシングと併用して行うと効果的です。

アイシングのやり方が書いてある関連記事

肩の次に肘を痛める。肘の次に肩を痛める。再発、繰り返させない為に

 

最後に湿布を貼ってセルフケアは終了です。

関連記事

野球選手の肩や肘はもちろん。皆が知っておきたい湿布の選び方。新素材も登場

 

急な痛みや日頃から野球肘にならない為に行えるマッサージ方法を動画でご紹介

 

 

 

 

ご予約・お問い合わせ