ブログ

お知らせ

2019.06.19

野球肩 野球肘の治療 東京で1番。実はこれが大切。具体的に紹介

野球肩、野球肘の治療で東京NO,1はアフターフォローも充実。

一番大切なことは以下の3つを見直す事。

具体的に紹介します。

大切な3つのポイント

 

①野球肩や野球肘の治療法も最低9パターン以上必要

 ☆肘が下がっている。本当の理由ではない

 ☆アンダースローも対応

②下半身から指導は長期化する可能性

 ☆9通りの下半身の使い方

 ☆ピッチャー主体がほとんど

 ☆内野、キャッチャーはどうする

商法登録された野球肩・野球肘の治療方法

 

野球は9人。最低9通りの投げ方がある

野球肩や野球肘の治療法も最低9パターン以上必要

ピッチャーだけで4通り

①オーバースロー

②スリクウォーター

③サイドスロー

④アンダースロー

既にピッチャーのポジションで最低この4つの投球パターンがありますが、①のオーバースローについての研究が殆どなため、スリークォーターやアンダースローの投球を分析し、治療のデータが少ないのが現状です。

 

”肘が下がる”は理由ではない

野球肩や野球肘の原因の一つとして考えられていた”肘が下がっている”という理由がスリクウォーターはまだしもサイドスローやアンダースローになると既に”肘が下がって”おり痛みの原因として説明がつきません。

 

☆アンダー・サイドスローも治療可能

アンダースローやサイドスローの治療も問題ありません。「肘が下がっている。」という理由以外のところに痛みの原因があるからです。

 

下半身からの指導は長期化する可能性

9人。9通り下半身の使い方の存在

 

上級者でも下半身を意識して守備を行う事は殆どありません。

 

ピッチャー主体が殆ど

治療を目的としたどのサイトでも動画でも指導方法はピッチャーを主体に考えていますが、野球は9人です。

ポジションが変われば投げ方は変わります。打球も正面だけではありません。つまり下半身から指導すると遠回りなのです。

 

野球肩・野球肘の治療方法

野球肘、野球肩の治療で実は一番大切なことは

投げながら治していく方法です。

患者さんと医療機関とのの信頼関係が構築される最も嬉しい治療方法

問診からアフターフォローまで細部にこだわります。

実際に投げる体験▼イメージ

 

治療の詳細記事

野球肘は投げれば投げるほど痛みが消える。最先端の治療方法をご紹介

 

治療メニューの詳細▼

野球専門治療

野球専門治療

野球治療 日帰り施術

野球治療 日帰り施術

野球肩・肘 同時に治療

野球肩・肘 同時日帰り施術

上記施術を一度受診された方が加入できる年間パスポートです。

2か月以上通院無いと初回扱い

通常2か月以上通院無し。の場合、野球肩専門治療、野球肘専門治療がすべて初回扱いとなります。このため年間パスポートに加入していない患者様はまた初回と同等の金額をお支払い頂くことになります。

年間パスポート加入は継続扱い

年間パスポートに加入されている患者様は安心です。

この商品は時を選ばず、野球肘の次に野球肩になってしまった場合や野球肩の次に野球肘になってしまった。という場合にも専門治療が継続扱い。になりますので通常18800円程度かかる金額が→5500円前後。半額以下で受けることが可能になります。

 

再発、再負傷も安心

いつ痛みが出てきても安心して受診する事ができるとてもお得なパスポートです。約85%の患者様が加入しております。

当院の野球肩、野球肘の専門治療の内容をみればいかに加入するとコスパが良いかがご理解いただけると思います。

 

▼野球肩・野球肘治療についてのご予約はこちらから

https://reserva.be/boneskitahara/reserve

 

 

 

ご予約・お問い合わせ