ブログ

お知らせ

2020.02.28

野球肘・野球肩のオンライン診察開始!動画で痛みを軽減させる投球チェックサービスを開始しました。

野球肩治療の新サービス

オンライン(LINE)診察、投球チェックで野球肩の痛みを軽減

 

治療には2つの方法があります。

 

①野球肩の発生原因の一番は投球動作に存在します。

その投球動作をチェックし原因を精査する”原因に対する治療”です。

 

②投球後に出現した疼痛(痛み)に対する治療。

原因の反対”結果に対する治療”です。これは筋肉や筋、腱、靭帯、関節包、関節唇、滑液包に対して治療を施す治療です。

 

野球肩の治療はこの2つの治療を同時に行う事で根本的解決に向かいます。本来はこの原因に対する治療と、結果に対する治療を一緒に行いたいのですが、ご遠方の患者様や寮に入っている選手。高校生、社会人の方は中々、何度も通院に時間を取る事が出来ません。

 

お問い合わせ

 

そこで

一度、診察した選手が投球訓練を行ってもうまくいかない場合やポジションが変わり投げ方が分からない場合、違和感が出現している場合は①の原因に対する治療(原因の一番は投球動作)をオンライン(LINEカメラ)を通して診察、チェック、指導までを行う事で痛みや違和感の発生原因を抑制させる事が出来ます。

 

親がアドバイスしても子は聞かない。診察で先生からアドバイスをもらいたい。そんな方も本サービスをご利用してみてください。

 

*初診不可(当院に一度もご来院されたことのない方はご利用できません。)

ご予約はこちら↓

https://reserva.be/boneskitahara/reserve

 

ご利用方法は3ステップ

①LINEでお友達になる。

②日時を決める。

③LINE動画で診察、チェック開始。

 

終了後

☆LINE PAY

☆PayPay

でして金額を送金して終了

 

野球肩専門治療

 

野球肘治療の新サービス

オンライン(LINE)診察、投球チェックで野球肩の痛みを軽減

野球肘の治療には2つの方法があります。

 

①原因に対する治療(投球フォームに原因)

野球肘の発生原因の一番は投球フォームに存在します。そのフォームをチェックする事で投球フォームのどこが悪くて痛みが発生しているのかを見つける”原因に対する治療”です。

 

②結果に対する治療(筋肉、靭帯、関節唇、筋、腱)

投球後に出現した痛みに対する治療。原因の反対、結果は対する治療です。これは筋肉や筋、腱、靭帯、関節包、滑液包に対して治療を施す治療です。

 

野球肘の治療はこの原因に対する治療結果に対する治療の2つの治療を同時に行う事が最も大切であり根本的解決に向かいます。

 

本来はこの原因に対する治療と、結果に対する治療を一緒に行う事が理想ですが、中々何度も通院する事自体大変な事ですし、費用も時間も十分にあるわけではありません。

 

野球肘専門治療

 

こんな方にお勧め

①当院までは距離があり通院が困難。しかし、診察やフォームを診てもらいたい。

②親が言っても子は聞かない。診察で先生からアドバイスをもらいたい。

③野球塾で習ってはいるが痛みや違和感が出現する。

④学年やチームがが変わりポジションが変わった選手。

⑤違和感が出現しているケースには非常にお勧め。

 

ご予約はこちら↓

https://reserva.be/boneskitahara/reserve

 

”原因に対する治療”(原因の一番は投球動作)をオンライン(LINEカメラ)を通して診察、チェック、指導までを行う事で痛みや違和感の発生原因を抑制させたり選手の悩みを含めたメンタル的な治療までを解決させる事が出来ます。

 

こんな利用も可能

ここにしかない商品

当院が施術を行う上でのこだわり

①湿布の素材

テーピングの効果と炎症を抑える効果の2つが得られる湿布。

当院でしか購入できません。(商品名は記載しません。)約20種類以上の湿布を取り寄せその中で厳選した素材です。

今では患者様が湿布のみを購入しに来られます。しかし、湿布の購入の為にわざわざ当院までご来院なさるには時間も余分な交通費もかかります。

 

このLINEでお友達になる事により、「湿布が欲しい」と仰っていただければ当院で発送の手配を致します。

 

お支払いはLINE PayPayPayで行います。

 

関連記事

治療期間短縮のためには湿布の貼り方にもこだわります!

 

②野球肘用のサポーター

市場に出回っている野球肘のサポーターやバッティングの腱鞘炎などどの素材を使用してよいのか分かりません。

野球肘の専門治療にこだわる接骨院北原は湿布と同様にサポーターの素材、伸縮性を厳選し患者様にお勧めしています。

「サポーターがほしい」と仰っていただければ発送の手配を致します。

 

野球肘で痛めて投球を開始する際には選手には不安があります。

リハビリの難しさはこの不安感を取り除きつつ投球を可能にさせる点にあります。

肘を完全ノーガードの状態投球を行うよりも1枚サポートをしてあげてリハビリを行うと不安も少なくなります。

 

お支払いはLINE PayPayPayで行います。

 

関連記事

野球肩・野球肘の治療で最も大切なリハビリ方法

 

新サービスによって多岐にわたる治療サービスからアフターケアの商品提供までを余分な時間や手間を省きご提供できるようになりました。

ご予約・お問い合わせ